SaSa工房株式会社

office@sasakoubou.com

『会計職人』のご紹介INTRODUCTION


『会計職人』が大家さんの悩みを解決します。

◆特徴1 長期の資金予測
・数十年におよぶ予測が可能です。定年後や老後の資金状況も把握できます。
・物件売買等に資金の裏付けのある大きな経営判断が行えます。

・所得税、住民税、個人事業税、消費税の長期予測が行えます。これらは資金の
 長期予測にも反映できます。
・物件毎の長期収益(税引後損益含めて)が行えます。デッドクロスの状況を
 把握できます。さらに物件の売却試算が行えます。
・余剰資金を返済に回す場合の融資返済試算が行えます。

◆特徴2 短期の資金繰り
・支払予定に対して現金や預金口座の残高がマイナスとなる時に警告します。
・実績取引入力時、銀行残高(インターネットバンキング)と照らし合わせての
 入力ができます。
・毎月の収支や物件毎の損益を常時把握できます。

◆特徴3 確定申告の省力化
・取引実績より自動計算、税務署提出書類をそのまま印刷、画期的に省力化します。
・青色申告決算書、確定申告書、消費税申告書等、確定申告業務を幅広く
 カバーします。
 貸借対照表や総勘定元帳もカバー、青色申告特別控除も可能です。

◆特徴4 「進化するシステム」です
・お客様の声をもとに、常時新しい機能を追加していくシステムです。
・もちろん新しい機能はバージョンアップを通してユーザーの皆様にご提供します。
・今までも以下のような新しい機能を追加してきました。(追加機能例(抜粋))
 @「ご体験ツアー」「稼働ガイド」機能
 A「物件分析表」と物件売却試算機能
 B平成25年度確定申告対応と消費税の段階的増税対応機能
 C入居者毎の「収入内訳表」作成機能
 D曜日と休日制御機能

一般の会計システムとの比較表


『会計職人』の帳票や画面説明

<青色のタイトルをクリックすると説明画面を表示します。>
将来の予測
物件や生活費の予測と融資返済明細からの予測について説明します。
資金繰表の機能
「資金繰表」の実績取引入力や残高表示などの機能と
「資金繰分析表」を説明します。
管理帳票と試算表
「資金繰表」から作成される管理帳票や試算表を説明します。
確定申告用の科目表
確定申告用に用意している科目表を説明します。
確定申告の作成帳票
確定申告で作成される帳票について説明します。
基本項目の説明
システム全体で使用する基本項目について説明します。
ユーザカスタマイズ
表紙画面や操作画面などのユーザのカスタマイズについて説明します。



『会計職人』って?

【誰が使うシステムなの?】
 個人経営の大家さんのために開発されたシステムです。

【何ができるの?】
 たくさんのことができます。少し長くなりますがご覧ください。!
 
<大家さんの業務>
・物件の収支や融資返済状況から、定年や老後の資金状況を、長期にわたり
 予測することができます。
・直近の預金口座がマイナスとなる場合に警告を表示し「うっかり未払い」を
 防ぎます。
・物件毎に将来の収支やデッドクロスを把握でき、売却試算も行えます。
・余剰資金を融資返済に回した場合の将来の試算表を作成することができます。
・所得税や住民税、個人事業税、消費税の将来の試算表を作成できます。
・取引実績から、月別、物件別、年度別等様々な切口から即座に集計が可能です。

 <確定申告の業務>
・確定申告は、実績取引からほとんど自動計算が可能です。手入力も可能です。
 省力化と柔軟性を併せ持っています。
・確定申告書類は、青色申告決算書、所得税の確定申告書第一表、第二表、
 消費税申告書(簡易課税含む)付表2、付表5を作成します。
・青色申告決算書は不動産用、一般用とも貸借対照表まで作成できます。
・さらに各種チェック機能を備えた、総勘定元帳を作成します。
・取引明細は、「仕訳」ではなく通常の取引用語で登録できます。


【使いやすさはどうなの?】
使いやすくするための工夫が随所にあります。
◇ウィザード(操作説明付)メニューの用意
いくつかの操作を行わなければならない次の業務については、わかりやすい
操作説明付の特別メニューを用意しています。
 @初期設定 A物件購入 B物件売却
◇操作マニュアルを内蔵
システムには操作マニュアルが内蔵されてます。
操作画面ごとにきめ細かい操作説明画面を参照できます。
さらに説明画面には、サポートのホームページにリンクする機能があります。
◇操作環境のカスタマイズで楽しく操作
ユーザの好みに合わせて操作画面の拡大/縮小、画面やボタンの色の変更、
文字フォントなどを変更できます。またエクセルの画面サイズや表紙の画像を
変更できます。


【動作環境は?】
・マイクロソフト社のエクセルで動作するシステムです。
・動作可能なシステム環境は、基本ソフト(OS)がWindows XP、Vista、
 7、8以降です。
 エクセルは2003、2007、2010以降(マクロ動作が可能なもの)です。
・AppleのMACでは、「BootCamp」または「Parallels」による
 Windows+エクセル環境の生成により、お使い頂けます。
・動作はすべて操作画面上で行います。エクセルは単なる表としてしか
 扱っていません。関数も使いません。従って、エクセルの操作に慣れて
 いなくても、運用は可能です

SaSa工房株式会社

〒191-0065
東京都日野市旭が丘1−27−9

URL http://sasakoubou.com
Mail office@sasakoubou.com

TEL/FAX 042-843-4833
携帯 090-4160-8780(担当 石川)